FC2ブログ

黄金分割の家

黄金分割で形状と色彩を決めた家の記録
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0

外壁を黒くした理由

ice_screenshot_20180425-175658.jpg

若い時は黒が嫌いだった。学生服の黒が嫌いだった。水彩では黒は原則として使わない。黒はきついし暗いイメージもある。
黒塀や黒の外壁は日本的に見える。その理由を自分なりに考えていた。日本の黒塀や黒の外壁は、杉などの木材に墨を塗ったり、板の表面を焦がして炭化して黒くしている。子供の時に黒塀に手で触ると手に黒い炭がついたものである。
微生物の大きな能力のことを知ったのは3.11の少し前のことだった。微生物の中には放射性物質も分解するものがいるとのことだった。積水化学の工場で、微生物でアルミイオンや塩素イオンを分解しているテストプラントを見学した。学校の物理では核分裂か核融合でないと原子は分解されないと知らされているが、実際の現象は教科書を超えていた。重金属さえも分解する微生物がいるのだが、そんな微生物でも分解できない元素があり、それが炭素とのことだった。炭素は微生物自身であるから、分解できないのは当然である。
焼杉や墨で黒く塗って木材を腐食から守るのは、微生物対策である。倉敷の古い家は焼杉が綺麗だった。黒が日本的に思えるのは焼杉や墨による黒塀のせいだと思う。

黄金分割の家は日本の家として理想を自分なりに追求した。黒は日本的な色として選択したかった。室内は個人の空間だが、外壁は周囲との調和も考えないといけない。六日町の近くで、外壁を黒く統一した地区があった。素敵だと思った。

理想は焼杉であったが、準耐火地域であることとコストからガルバニュームメッキ、フッ素焼き付け塗装鋼板にした。もっと濃い黒が欲しかったのだが、自由に色は決められないのが残園であった。黒は、前面の花を明確に見せる。黒は、日射で暑く高温になり、外壁の前に立つと背面から熱線を感じる。新潟の寒い秋から春までの時期に家の前の庭が少し暖かくて、冬でもわずかな緑が残っているのが嬉しい。

0

ついに日本タンポポを見つけた。

ice_screenshot_20180425-165328.jpg

タンポポを見るたびに日本タンポポを探していた。
偶然、農道の轍の横に日本タンポポを見つけた。
このままだと、車に轢かれてしまいかねない場所だった。罪悪感を感じながら、日本タンポポを採取した。
黄金分割の家の庭に植えたので、ここから周囲に増やしたいと思っている。
黄金分割の調和とは共存であり多様性であるから、雑草の種類も増やしたいと思っている。

ice_screenshot_20180425-165424.jpg

これは西洋タンポポ。食用として日本に持ち込まれたようだ。

ice_screenshot_20180425-165937.jpg

日本タンポポと西洋タンポポの違い。
http://frytiger.com/archives/3883.htmlから

Category :
0

調和とはぶつかりあうことではない。



岡本太郎は調和とはぶつかりあうことと発言した。この言葉をそのまま受け取るべきではない。岡本太郎の主張を僕は以下のように理解している。

誰が見ても美しい花のようなものは芸術ではない。
お友達同士仲良く鑑賞できるような絵が芸術ではない。
自分の命をかけて、違和感をあえてぶつけて、問題提起することが、太郎自身が描く絵や彫刻だ。
太郎はあえて、ぶつかりあう色を使い、不安さえ感じる形を作る。

調和とはぶつかりあうこととは、あえて物議をかもすための太郎らしい発言だと思っている。

僕が考えるに、ぶつかりあうことは対立で合って、調和ではない。
黄金分割を深く掘り下げると多くの真実が解ってくる。
色相で180°異なる2色はベクトルが正反対の色だ。二つを加えると無彩色になる。対立でありぶつかりあう関係だ。この関係は調和ではない。黄金分割で選んだ色相は180°の対立する2色は出てこない。
僕が思う調和とは、その関係が互いに、生かし合う、活かし合う状態だと思っている。

0

co2温暖化原因説の嘘

ice_screenshot_20180412-224552.jpg

NHKの間氷期の画面です。氷河期は13000年前に終わり、今は間氷期とのこと。このおよそ13000年前は記憶しておくべき年代だと思う。ノアの洪水が発生したとか、月が地球の衛星になったとか、恐竜の絶滅とか、地球の重力が増加したとか、超古代の記事ではよく出てくる年代です。僕が生きている間で正しいことがなんなのかが判明してほしいのだが。

ice_screenshot_20180412-230926.jpg

間氷期にも小氷期があった。それは昔の出来事ではなかった。およそ200年前ほど前のことだった。

ice_screenshot_20180411-180320.jpg

ice_screenshot_20180411-180512.jpg


ロンドンのテムズ川やニューヨークのハドソン川が凍って、人が渡った。ハドソン川には長大橋であるブルックリン橋が描かれている。小氷期は最近の出来事なのだ。

ice_screenshot_20180411-214044.jpg

小氷期と現在の氷河の比較写真。
CO2による温暖化で氷河が衰退したとの証拠写真に使われているが、小氷期が終わったからではなかったのか?

ice_screenshot_20180411-180843.jpg

小氷期の原因は太陽活動で、黒点の数と気温が連動しているとの説明。
CO2に関係なく小氷期が発生している。

今年の冬は大雪だった。温暖化か小氷期かは太陽活動次第のようだ。
CO2温暖化原因説の嘘をNHKは触れるべきだ。
すでにCO2温暖化原因説の嘘は広く知れ渡っていることだ。


0

落下しなかった屋根の雪

ice_screenshot_20180127-100038.jpg
新潟市では珍しい大雪が降った。中央区では80cmとのことだった。屋根は雪止めを付けたくなかった。鋼材の腐食や屋根材の劣化につながる原因になるからである。雪止めをやめても、太陽パネルを屋根に載せたのでは劣化の原因を排除したことにはならないのだけれど。雪止めを付けないことで、落下が止まるのかが心配だった。特に太陽パネルの部分は雪止めの効果がある砂付きのルーフの部分が小さいので落下の心配があった。
使った屋根材はリッジウエーである。表面に砂が食い込ませてある。この屋根材を教えてくれた会社は新潟市の屋根惣である。古い家の補修に協力してもらった。見積もりが丁寧で良心的であった。
屋根勾配は1000 : 236で黄金分割の勾配で、パルテノン神殿と同じである。

ice_screenshot_20180127-100359.jpg



一週間後、周囲の家の屋根から雪が落下する音が聞こえた。気温が高くなって融け出したので落下しやすくなった。この黄金分割の家は雪が落下することなく、積雪が10cm以下になっていた。

0

正月二日の日差しが

ice_screenshot_20180103-163554.jpg

正月二日は朝から青空が出て良い天気だった。高い位置の南側の窓は一つだけ透明ガラスで、他は型ガラスで日差しが柔らかく拡散する。小さな窓は夏はほとんど日差しが入らないが、冬は部屋の奥にまで差し込む。晴れが少ない新潟でも正月の明るい光に溢れる部屋を感じることができた。

0

京都のこの景観が美しいと思う。


ice_screenshot_20180103-155444.jpg

手前の黒い瓦屋根が美しい。東寺の5重の塔を邪魔していない。自分だけ良ければと奇抜で大きな家を建てない。家を控えめに作る。控えめな色を外観に使う。周囲との調和を考える。
そんなことをこの写真は教えてくれる。

調和とは自分だけが、今だけよければではない。
戦前の日本、江戸の日本はこんな風景だった。控えめであった。戦後、色が氾濫し、景観を台無しにする高いビルやどぎつい看板が乱立した。そんな景観を台無しにするものは、先ずは京都で取り壊し、取り除くすべきだ。この意識が全国に広がって欲しい。

0

最悪な外観

ice_screenshot_20180103-105324.jpg

日本郵政の建築物である。
左右対称、等間隔、同じ形状の繰り返し。調和としてやってはいけないことのオンパレードだ。窓の外にこんな建築物が見えたら、最悪である。建物が大きいのでこれは犯罪だと思ってしまう。
建物の機能からどうしてもこの形状が必要なら、壁やサッシやトイを黒くして、窓やトイを目立たなくすべきだ。お金がかかるものではない。
建築家は日本の土木構造物をけなすが、けなす前に反省してもらいたい。景観を悪くしているのは圧倒的に数の多い建築士が設計した建築物である。
日本の景観をよくするのは、自分だけよければ良いと思うのではなく、景観に配慮して、建築を控えめにすることだと思う。

0

等間隔なビルの窓は調和のとれた美しい形か?軍隊の行進と同じではないか。

ice_screenshot_20180103-110633.jpg

都会はビルで埋まってゆく。その空間は美しいと言えるだろうか?個々のビルはそれなりに建築家が頭をひねって美しい形を考えているのかもしれない。でも、僕には調和のとれた美しい形とは思われない。
左右、上下、綺麗に整列したその形は、軍隊の行進と同じものに見えてしまう。

ice_screenshot_20180103-064947.jpg

軍隊の行進に比べたら、現代の建築は水平度、鉛直度は見事で正確である。等間隔、左右対称、同じ形の繰り返し、それらは極めて正確に作られている。つまり、現代の建築は軍隊の行進が理想とする綺麗に統率された状態を具現化している。
統率された状態とは、支配の形だ。それは僕が理想とする調和ではない。

自分のお金でビルを作るのだから自由で勝手ではないか?等間隔にしないとマンションは作れないと主張するであろう。ビルも景観の一部だから、自分さえ良ければ良いとの考えは捨てるべきだ。景観の一部として、調和のとれた美しい形を設計すべきだ。美しい形は支配の形ではない。

ice_screenshot_20180103-152144.jpg


渋谷のこのビルは左右対称を避け、上下方向にも変化をつけている。完全に僕の理想な形ではないが、僕はその努力を認めてあげたいと思う。調和を求めて努力して欲しいと思う。

0

明けましておめでとうございます。

ice_screenshot_20180101-111314.jpg

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

家は控えめの外観が良いと思っている。
背の高い家に囲まれて、黒い平屋がひっそりとたたずむ。
木立の中でと言いたいとこだが。
薄い雪をまとった白と黒の景色は、日本的で僕の理想でもある。

0

年賀用の切手の色が、緑の部屋で使った色と一致していた。

ice_screenshot_20171231-200437_Fotor.jpg

緑の部屋の大きなキャビネットの扉に明るい黄緑を使った。
この色は多くの面積を塗る計画でなかった。塗料が余ることが予想されたので、ホームセンターで黄金分割で切断してもらったテーブルに塗った。年賀状に切手を貼っていて、テーブルの色に近いと思った。今までじっくり切手を見ることはなかった。切手の左の余白に印刷に使った色が表示されている。一般的な印刷はCMYKの4色である。切手の印刷は6色でインクジェットのプリンターを思い出した。インクジェットと印刷では色のつけ方が大きく異なる。同じ6色でも印刷の方がはるかに難しいと思う。


ice_screenshot_20171231-193831.jpg

拡大して見ると網点が極めて細かいことがわかった。


ice_screenshot_20171231-193612.jpg

一般的な印刷は切手に比べると極めて荒いものである。

切手がとても丁寧に印刷されていることを始めて知った。

0

年間の発電量

ice_screenshot_20171124-150828.jpg
電力量ベースの年間の発電量と年間の消費量を比較した。
2016年10月15日から2017年10月23日までの約一年の合計である。
自給率で111%となっている。

0

年間光熱費の収支

ice_screenshot_20171210-075617.jpg
ice_screenshot_20171210-075459.jpg
2016年12月から2017年11月の一年間の電気代の収入と支出を集計した。約6kwの太陽発電パネルを設置した。10年間は33円/kwで購入してもらえる。10年後以後は未定。夜間電力の比率が高く、ガスは全く使っていない。電力量ベースでは、8割がどがどまだんの暖房費である。3月と10月が収入と支出がバランスしている。新潟市は佐渡の影響で、雪は少ないこともあり、新潟県の中では発電の条件が良いと思う。ただ、平屋の屋根は午後になると隣の2階の影になり、発電の制約を受けている。屋根の傾斜は236:1000で傾斜はゆるい部類だと思う。

0

書籍 黄金デザイン

ice_screenshot_20170921-135523.jpg

黄金分割の単位のこと、その詳細の成り立ちはこの書籍 黄金デザイン に説明した。
次郎吉商店の白石 亘 氏と約一年かけて作成した。
文字をできる限り減らし、文字を読まなくても図で理解できるようにした。
白石氏の客観的な的確なアドバイスと編集力でなんとかまとめることができた。
黄金分割の単位を世界で最初に記述したものである。メートル法を使わなくても、黄金分割の単位で示せることを示した。黄金分割の家はこの本を実際の住宅に応用した最初の家である。
いつかメートル法に変わるデザイナーのための単位が生まれた本として、歴史的価値が出るはずである。メートル法は製作のための単位であり、デザイナーは黄金値の単位で図面を書くべきである。黄金値をメートル変換して製作することが正しい道だと認識される日が来るはずである。調和のとれた、美しくて構造力学的にも優れたものは、必然的に黄金分割の形状になっているのだ。

0

黄金値の中間値を決める。

hout8044.jpg


基準寸法に黄金数1.618をかけるか割るかで一次黄金値が生まれます。コルビジェのモジュロールの赤の数列です。
この一次黄金値のだけで設計することが理想です。
でもこれだけだと数字が少なくて実際の設計はできません。
一次黄金値の数字の間の中間値を理想的に決める必要があるのです。
中間値を1/2や等間隔で求めたのでは、黄金分割の調和がなくなってしまいます。
中間値も黄金分割で決めなくてはなりません。
黄金分割の独自の単位で表現して、コンパクトに示すには数字の1から9までを有効に使うことが良いと思いました。
それで、中間値として1から9までの黄金分割で作られた等間隔でない階段を設定しました。
一次黄金値の中間値として9個の二次黄金値を作りました。


hout8047.jpg
hout8046.jpg

二次黄金値の中間値とし9個の三次黄金値を作りました。
同様に四次黄金値も五次黄金値も作れます。
黄金値の表示は見ただけでその意味が分からないといけません。
使い慣れてくると、黄金値の数字を見ただけで、意味が分かってくるのです。
黄金値の表示を2004年から使っていますが、不満はありません。
基準寸法を同じにしたことで、結果的にコルビジェのモジュロールを内在してより発展させた形になりました。ここまで細かく中間値を決めないと、CADで黄金値だけで寸法の表示ができないのです。中間値の理想形を求めたわけです。

0

黄金分割の基準寸法をモジュロールと同じ6フィートにする。

hout8043.jpg

初めは黄金分割の基準寸法は構造の重要な寸法から決めるべきと考えていた。しかしそれではいろんな構造物がある街全体としての調和が取れないことになる。個々の構造物の寸法とは独立した基準寸法が必要だと思った。基準寸法として何ミリが最適なのか自分なりに考えた。コルビジェの身長から決めた1829mmには合理性があるようには思えなかった。身長は人によって大きく異なり、それを1829mmと勝手に決めて良いものだろうかと思った。2mモジュールをプレハブメーカが提唱していたように記憶していて、候補として使って見た。黄金分割の基準寸法は1500mmでも1800mmでも2000mmでもそんなに大きな違いがあるようには思えなかった。ただ、机の高さは70cmが多く、使いやすいことから、この値が一次黄金値にあるコルビジェの1829は都合が良い値だと思った。色々検討したが、身長やヘソの高さとの関係での意味は見出せなかった。コルビジェは他人に説明するにあたかも人体と関係するとして、身長を持ち出したに過ぎないのではないかと思っている。1829mmは6フィートである。コルビジェはアメリカに売り込むために、6フィートを基準寸法に決めたのだと思った。黄金分割で設計することについて、コルビジェとは全く違うところからスタートしていたつもりであったが、基準寸法については全く同じことを考えていたわけで、コルビジェに敬意を表して同じ数字にすることにした。もしここで僕が異なる基準寸法を採用したら、黄金分割で設計することで混乱や対立が起きてしまう。それは黄金分割の調和の理念に反することになる。僕はVectorWorksをCADとして使っており、6フィートは1828.8000mmで変換されていた。このことから基準寸法は1828.8とした。はじめ、基準寸法を0gdとしていた。基準寸法より大きいものは+で小さいものはーとした。この表示では解りにくいと次郎吉商店の白石 亘 氏からのアドバイスを受けて、16gdを6フィートに決めた。このことにより0gdは0.8mmとなり1mm以上は+となった。16と6は6が同じだから覚えやすいメリットもある。

0

黄金分割で構造物の形状を決める。

FullSizeRender 8
ice_screenshot_20170829-105434.jpg
構造物の形状を黄金分割の数字から決めたのはこの橋です。スパンが20mでした。橋はスパンが重要なので、スパンの20mを基準長さとして黄金分割で数列を出しました。今から思うとモジュロールの赤の数列を6フィートではなくてスパンの20mにして計算していたわけです。20m,20/1,618=12.36m,12.36/1.618=7.64mと数字が出ますが、その値は連続ではなく、大きくジャンプした数列になっていました。10mに近い数字が欲しくても、12.36mと7.64mしかなければ使えません。そこで中間値を決めました。12.36mと7.64mの間に6個の中間値を黄金分割で計算して求めました。今はこの中間値のことを二次黄金値と呼んでいます。今は二次黄金値も6個から9個に増やし、3次黄金値も決めました。この数値を使って橋脚の形状、橋の断面で張出部の形状を決めました。あまり無理をしなくても、数値を選んで決めることができました。ここの経験で3つの問題が生まれました。
 1 スパン20mを基準寸法として数列を出したが、橋梁の隣の道路や、建築物は20mとは無関係であるから、全体としての調和がとれなくなる。小さなものから都市計画のようなものまで共通の基準長さが必要。
 2 数字の優先順序がわからなくなる。最初は書体のスタイルをイタリックにするなどして中間値を表示していたが、そんなものでは整理できなくなった。
 3 メートル法で数値を表示すると数値を丸めたがる。1829なら1830や1800と実施設計者が変更してしまう。
この3つを解決する黄金分割の新しい単位を作ることにしたわけです。
この問題を解決するために黄金分割の独自の単位を作ることにした。

0

コルビジェのモジュロールを考える。

ice_screenshot_20170828-232518.jpg
直感で黄金分割で絵や構造物の計画を行えば調和のとれたものができると思った。本でコルビジェのモジュロールを知った。モジュールと黄金分割を組み合わせた造語とのことだった。ただ、なぜ身長が分割の基準なのか納得が行かなかった。絵で、人物の頭のてっぺんの位置をキャンバスの黄金分割位置にして描いて見たが、バランスが良いとは思われなかった。後で気付いたことだが、人物画の場合は目の位置で名画を分析すると、全身像でも半身像でも黄金分割の位置になっている。
僕の意見だが、建築において黄金分割の基準と身長とは無関係である。モジュロールで設計したこの黄金分割の家は身長が150cmしかない日本人の女性や子供に使いづらいことはない。僕の分析では6フィートの1829mmを採用することでフィートのアメリカの市場を意識したのではないかと思う。机の高さは70cmが普通に使われているので、この数字がモジュロールにないと都合が悪い。その意味で6フィートは都合が良かったのだと思う。1829を基準寸法にすると机の高さとして698mmが出てくる。1829mmを基準寸法とする数列は椅子の高さの432mmも出て来るので使いやすい値となっている。分析して今となれば、モジュロールは1829mmの身長の人用の設計値ではないと断定できる。使う人の身長に関係なく机の高さとして都合の良い数字になっていること、このことを知っておいてほしい。この6フィートからの数列は赤の数列とし、腰の高さの1130mmの2倍の高さからの数列を青の数列としている。この2倍の必然性が説明されていない。2倍すると手を挙げた高さだと言っているが、その手の高さの必要性は感じられない。手を挙げた高さが重要ならば、身長の低い人に都合が悪いはずである。僕は身長160cmの背が低い人間だが、この黄金分割の家で不都合はない。では2倍の意味は何かとなる。また、なぜ腰の高さの2倍なのか、そして赤の数列と青の数列は対等なのか、優先順位があるのか、一緒に使って構わないのかと心配になった。結局、このモジュロールの数列はよくわからないとして長い間忘れていた。

0

ロンシャン礼拝堂の分析3

hout3344.jpg
高い位置での窓の分析の様子を示した。全体に言えることだが、黄金値にgd+5が多いことである。モジュロールは一次黄金値と二次黄金値の+5で出来ている。黄金デザインでは+5と+6を同等に優先順位の高い値としている。ガイドもそのようにできている。絵画は目の位置で分析すると名画は+6と,+7の位置にくる。名画はおよそではなく、ピタリとその位置になっている。 CADや黄金デザインのガイドもなしに、コルビジェはよくここまでモジュロールにこだわったと思う。感覚に任せて寸法を描いた方がずっと簡単だと思う。それはコルビジェにとって逃げなのだ。図面の制作も実際の工事もとても大変だったと思う。巨大な曲線の壁だからその大変さは尋常ではない。それでもいい加減な直感での寸法ではなくて、手間がかかっても、あくまでモジュロールにこだわったのは黄金分割が持つ調和の原理を知っていたからだと思う。全体だけでなく細部も黄金値にすることが完成度を上げることだと知っていたからだと思う。その完成度が心に響く素敵な窓になっている。

hout3345.jpg

つい天井の勾配が気になった。分析すると水平20gdで鉛直16gdの勾配になっていた。新潟の黄金分割の家は水平19gdで鉛直16gdとした。アスファルトシングルの屋根材から決めた勾配だ。
ロンシャン礼拝堂は曲線ばかりで、モジュロールは使えないと思われるかもしれない。コルビジェは使えるところには使っているのだと思う。モジュロールを曲面に展開しているのだと感じている。

0

ロンシャン礼拝堂の分析2

hout3342.jpg
黄金デザインのガイドから補助線を引いて、窓の大きさをの寸法を黄金値に変換した。建物が大きいので、今まで使っていたガイドでは密度が不足した。ガイドの密度を3倍に増やしている。図面は写真で手書きなのでガイドとの一致が難しいかなと思っていた。図面の写真を精度よく拡大しなければならないが、その基準となる寸法が見当たらない。仕方なくモジュロールの人間の高さを使ったが、十分な精度で拡大できたとはとても言えない状態だった。補助線を引いていて、写真の拡大率の誤差や図面の歪みや傾斜が少ないと思った。補助線を引いていて感じるのは、共通の補助線が少ないことである。窓の大きさや配置を細かく変更している。手間はかかるがこれが必要なのだ。
hout3343.jpg
補助線の様子を部分で表示する。補助線から寸法線を出して黄金値に変換するのだが、共通の補助線が少ないので寸法線で混雑して何が何だかわからなくなると思った。予想していたように、コルビジェは全体から細部まで黄金分割のモジュロールにこだわっていた。黄金値で分析することは、絵画の模写に似ている。コルビジェの考えていたことを知りたかったら、どんな書物を読むことよりも黄金値で分析することだ。なぜこの線を選んだのか? この線の位置は最適なのか? 全ての線をとことん突き止めれば、コルビジェの考えていたことが見えてくるに違いない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。