FC2ブログ

黄金分割の家

黄金分割で形状と色彩を決めた家の記録
0

蔦の細道図屏風を分析する。

屏風蔦

蔦の細道図屏風は俵屋宗達の絵に烏丸光広が和歌を書いています。
右の細道が、左では上に広がって画面からはみ出ます。


展開

左の屏風は右の屏風の左だけでなく、右においても絵がつながる仕組みです。
絵の複製があれば無限に広がることになります。
道がいつの間にか空になっています。空が道になるとも言えます。
遊んでいますね。
僕はこんな遊びは大好きです。
宗達が独創的な既成概念にとらわれない自由人であったことが伺われます。

分析は左の屏風について行います。
左は右に比べ単調で、もっと工夫したの展開が欲しいと思いました。緊張がないのです。絵を壊しかねない冒険に満ちた何かが足りないと思いました。

縦と横の比率がわずかですが黄金値ではありません。
トリミングではなく絵の中央の何も描かれていない部分をわずかに取り除いて黄金値の縦横比にしました。

hout8186.jpg

右がオリジナル。左が中央を取り除いて高さを短くした絵です。
ほとんど同じに見えることと思います。

hout8187.jpg

高さの差の部分拡大です。


分析結果の黄金値を示します。

hout8185.jpg

縦11gdに対して横は12gd+7となります。この分析では縦を11gdにしていますが、10gdでも12gdでも構いません。分析結果は同じになります。ただ数字が一つ、小さくなるか、大きくなるか、だけです。
横が12gdならば縦を1.618倍したものとなります。1.618.....は無理数で小数点以下の値は無限に続き、これが黄金分割の基本の数字です。
横が13gdならば縦を1.618倍して、さらに1.618倍にしたものとなります。
11dg,12gd,13gdは一次黄金値です。優先順序が一番高い値です。
12gd+7は二次黄金値です。二次黄金値は、一次黄金値に、一次黄金値の小さな値を加えて作成しています。

12gd+5と12gd+6も同じ二次黄金値ですが、この+5と+6は二次黄金値の中では一番優先順序が高い値です。その次が+4と+7となります。12gd+7は悪くはないが、特別に優れた値ではありません。屏風の制約の中で、周囲の縁の幅を微妙に選んで、絵としての縦横のバランスはうまく取ったと思います。

下にある10gd+7に1.618すると11gd+7になります。10gd+7の隣に11gd+7があります。この二つが接するこの場所が横方向の優先順序一番の場所となります。
11gd+7を1.618すると12gd+7の横幅になります。
図の寸法表示から、10gd+7と11gd+7を加えると12gd+7になっていることがわかります。
横幅の12gd+7にとって11gd+7は最適な比率です。
11gd+7にとって10gd+7は最適な比率です。
つまり11gd+7にとって10gd+7も12gd+7も最適な比率です。
この三つの数字は大きさは違うのだけれど、どれも対等に最適な比率の仲間なのです。

黄金値の1.618倍のかけ算と黄金値の足し算が等しくなること、つまり、かけ算と足し算が等しくなることが黄金分割が作る構図の世界なのです。だから個々が対等で最適な比率の仲間なのです。最適な比率の仲間は互いが活かし合うので、調和が生まれるのです。調和とは互いが生かしあう、活かしあうことです。

出来るだけ一次黄金値で構図は決めるのが優先ですが、黄金デザインでは等間隔の繰り返しと1/2を避けるべきとしています。一次黄金値ばかりだと、時に同じ値の繰り返しになってしまいます。その場合は二次黄金値を入れて同じ値の繰り返しを避けた方が良いと考えます。
屏風はしまうときの利点から等間隔で折り曲げています。
黄金デザインとしては等間隔は避けたいので、折り曲げ案を作成してみました。絵の上の方にある赤い寸法が折り曲げ案です。いつか紙で縮小屏風を作ってみたいと思っています。

絵と書の詳細な構図を調べると、黄金値の空間と実体を曲線を生かして描いています。曲線は始点と終点が大切です。名作は始点と終点が黄金値になっていなければなりません。直感で勢いよく描いて黄金値になっていないといけないのです。分析するとほぼ黄金値になっています。

黄金分割の構図は絵の骨格であり基本だと思っています。構図だけで絵は成立しませんが、古今東西の名作は構図がピタリと黄金値になっているものです。美の妥協のない追求がその場所を画家に指示しているのだと思います。

黄金分割を知らなくても、直感で最適な場所にピタリと描いています。
俵屋宗達は天才で、この絵も名作だと思います。




スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。