FC2ブログ

黄金分割の家

黄金分割で形状と色彩を決めた家の記録
0

星空の野点の準備


7月19日の夜に南側の庭で野点を計画している。近所のお茶の先生と水彩画の教室の参加者と近所の人が参加する野点だ。庭を計画していた時には、椅子とテーブルとでコーヒーを楽しめるように考えていた。野点は全く考えていなかった。小さな黒塀が道路からの視線を遮り、隔離した空間になった。黒塀にはガーデンコンセントと僕が呼ぶ電源のコンセントがある。照明やポットに有効である。赤い絨毯はモロッコのマラケシュで購入したもの。持ち帰るのは少し大変だったが、デザインが好きだった。モロッコの砂丘のテントで泊まった時に、絨毯を砂の上に敷いて寝た。二日前の17日の夜に事前準備をして照明などの確認を行った。瓦を割って敷いた上に絨毯を敷くと、そこが屋根のない部屋になった。お点前用の台は部屋で使っているテーブルの天板だ。寸法はモジュロールと互換性のある黄金値となっている。立て横に並べると、なんとなくバランスが取れている。低い位置だけの照明では明るさが不足していた。高い位置からの照明が必要だった。

IMG_9185.jpeg

雑草を含む緑と赤い絨毯のコントラストが美しいと思った。絨毯の模様は伝統的な柄ではなく現代的だ。赤い絨毯はお客様の部屋として先生の空間と分かれている。

IMG_9173.jpeg

穴の空いた鉄製の照明は父の遺産だった。モロッコで同様のデザインの照明が売っていたように記憶している。照明と絨毯でモロッコを思い出していた。絨毯で寝ると地面の熱気と星空が見えた。モロッコの砂丘で絨毯で寝て見た夜空を思い出した。午後8時を過ぎると、空気が少しひんやりしてきた。今年の梅雨は新潟でも短かく、真夏の暑さが続いている。

IMG_9170.jpeg

道路から見た様子。黒塀で中の人は見えないが、明かりが漏れて緑が綺麗だった。明暗の差が大きいので写真では再現が難しい。

この星空の野点のヒントは川島天睛さんと、一二三会久保比登美さんのおもてなしの心からいただきました。茶室がなくても楽しいお茶の空間はアイデアで作れるはずだと。始まりはお弟子さんの駐車場として空いている黄金分割の家の駐車スペースを使うことからでした。遠慮なく駐車してもらおうと野点をお弟子さんにお願いしたのです。結果的に先生が行うことになったのですが、先生はとても喜んで賛同していただきました。実は先生がお茶の先生だと知らない住民も多かったのです。先生の地域デビューとなると思っています。この野点で地域の人がここに住んで良かったと感じることが一番だと思っています。

スポンサーサイト

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。