FC2ブログ

黄金分割の家

黄金分割で形状と色彩を決めた家の記録
0

心をこめる

hout2134.jpg

この画像は、近くの幼稚園に書いてあったものを数年前に撮影した。
仕事だと、自然と大きな案件を担当して、大きな仕事をしたいと思うものである。僕もそうだった。この紙に書いてあることはショックだった。仕事の大きさより、もっと大切なこと。それは心をこめること。その通りだと思う。以来、どんな仕事でも心をこめることを大切にしてきた。この紙の主旨は仕事だけではなく、全てのことなのであるが。


この黄金分割の家は自分の理想を具体化したかった。一つ一つを計画段階で時間をかけた。金額が決まり工事が始まると、変更は迷惑をかけることで、追加の費用が発生する。おそらく普通の家の計画の3倍以上は費やした。それは自分がどう住むのか? どのような家が理想の家なのか? 妻にとっての理想の家とは何か? 簡単には答えの出ない禅問答のようなものであった。長い時間と、多くの見学と、雑誌やネットで出来るだけ多くの画像を見ながら、時間を費やすことで答えが自然と浮かぶまで待った。暫定的に決めたことでも、あえて変更してみた。変更して戻すこともあった。この家の計画では、心を込めたつもりである。そのことでの後悔はない。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する