FC2ブログ

黄金分割の家

黄金分割で形状と色彩を決めた家の記録
0

黄金分割の基準寸法をモジュロールと同じ6フィートにする。

hout8043.jpg

初めは黄金分割の基準寸法は構造の重要な寸法から決めるべきと考えていた。しかしそれではいろんな構造物がある街全体としての調和が取れないことになる。個々の構造物の寸法とは独立した基準寸法が必要だと思った。基準寸法として何ミリが最適なのか自分なりに考えた。コルビジェの身長から決めた1829mmには合理性があるようには思えなかった。身長は人によって大きく異なり、それを1829mmと勝手に決めて良いものだろうかと思った。2mモジュールをプレハブメーカが提唱していたように記憶していて、候補として使って見た。黄金分割の基準寸法は1500mmでも1800mmでも2000mmでもそんなに大きな違いがあるようには思えなかった。ただ、机の高さは70cmが多く、使いやすいことから、この値が一次黄金値にあるコルビジェの1829は都合が良い値だと思った。色々検討したが、身長やヘソの高さとの関係での意味は見出せなかった。コルビジェは他人に説明するにあたかも人体と関係するとして、身長を持ち出したに過ぎないのではないかと思っている。1829mmは6フィートである。コルビジェはアメリカに売り込むために、6フィートを基準寸法に決めたのだと思った。黄金分割で設計することについて、コルビジェとは全く違うところからスタートしていたつもりであったが、基準寸法については全く同じことを考えていたわけで、コルビジェに敬意を表して同じ数字にすることにした。もしここで僕が異なる基準寸法を採用したら、黄金分割で設計することで混乱や対立が起きてしまう。それは黄金分割の調和の理念に反することになる。僕はVectorWorksをCADとして使っており、6フィートは1828.8000mmで変換されていた。このことから基準寸法は1828.8とした。はじめ、基準寸法を0gdとしていた。基準寸法より大きいものは+で小さいものはーとした。この表示では解りにくいと次郎吉商店の白石 亘 氏からのアドバイスを受けて、16gdを6フィートに決めた。このことにより0gdは0.8mmとなり1mm以上は+となった。16と6は6が同じだから覚えやすいメリットもある。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する