FC2ブログ

黄金分割の家

黄金分割で形状と色彩を決めた家の記録
0

ロンシャン礼拝堂の分析3

hout3344.jpg
高い位置での窓の分析の様子を示した。全体に言えることだが、黄金値にgd+5が多いことである。モジュロールは一次黄金値と二次黄金値の+5で出来ている。黄金デザインでは+5と+6を同等に優先順位の高い値としている。ガイドもそのようにできている。絵画は目の位置で分析すると名画は+6と,+7の位置にくる。名画はおよそではなく、ピタリとその位置になっている。 CADや黄金デザインのガイドもなしに、コルビジェはよくここまでモジュロールにこだわったと思う。感覚に任せて寸法を描いた方がずっと簡単だと思う。それはコルビジェにとって逃げなのだ。図面の制作も実際の工事もとても大変だったと思う。巨大な曲線の壁だからその大変さは尋常ではない。それでもいい加減な直感での寸法ではなくて、手間がかかっても、あくまでモジュロールにこだわったのは黄金分割が持つ調和の原理を知っていたからだと思う。全体だけでなく細部も黄金値にすることが完成度を上げることだと知っていたからだと思う。その完成度が心に響く素敵な窓になっている。

hout3345.jpg

つい天井の勾配が気になった。分析すると水平20gdで鉛直16gdの勾配になっていた。新潟の黄金分割の家は水平19gdで鉛直16gdとした。アスファルトシングルの屋根材から決めた勾配だ。
ロンシャン礼拝堂は曲線ばかりで、モジュロールは使えないと思われるかもしれない。コルビジェは使えるところには使っているのだと思う。モジュロールを曲面に展開しているのだと感じている。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する