FC2ブログ

黄金分割の家

黄金分割で形状と色彩を決めた家の記録
0

年賀用の切手の色が、緑の部屋で使った色と一致していた。

ice_screenshot_20171231-200437_Fotor.jpg

緑の部屋の大きなキャビネットの扉に明るい黄緑を使った。
この色は多くの面積を塗る計画でなかった。塗料が余ることが予想されたので、ホームセンターで黄金分割で切断してもらったテーブルに塗った。年賀状に切手を貼っていて、テーブルの色に近いと思った。今までじっくり切手を見ることはなかった。切手の左の余白に印刷に使った色が表示されている。一般的な印刷はCMYKの4色である。切手の印刷は6色でインクジェットのプリンターを思い出した。インクジェットと印刷では色のつけ方が大きく異なる。同じ6色でも印刷の方がはるかに難しいと思う。


ice_screenshot_20171231-193831.jpg

拡大して見ると網点が極めて細かいことがわかった。


ice_screenshot_20171231-193612.jpg

一般的な印刷は切手に比べると極めて荒いものである。

切手がとても丁寧に印刷されていることを始めて知った。

スポンサーサイト
0

年間の発電量

ice_screenshot_20171124-150828.jpg
電力量ベースの年間の発電量と年間の消費量を比較した。
2016年10月15日から2017年10月23日までの約一年の合計である。
自給率で111%となっている。

0

年間光熱費の収支

ice_screenshot_20171210-075617.jpg
ice_screenshot_20171210-075459.jpg
2016年12月から2017年11月の一年間の電気代の収入と支出を集計した。約6kwの太陽発電パネルを設置した。10年間は33円/kwで購入してもらえる。10年後以後は未定。夜間電力の比率が高く、ガスは全く使っていない。電力量ベースでは、8割がどがどまだんの暖房費である。3月と10月が収入と支出がバランスしている。新潟市は佐渡の影響で、雪は少ないこともあり、新潟県の中では発電の条件が良いと思う。ただ、平屋の屋根は午後になると隣の2階の影になり、発電の制約を受けている。屋根の傾斜は236:1000で傾斜はゆるい部類だと思う。

該当の記事は見つかりませんでした。