FC2ブログ

黄金分割の家

黄金分割で形状と色彩を決めた家の記録
0

国宝 待庵を分析する。

ice_screenshot_20170615-041015.jpg
ice_screenshot_20170615-040851.jpg

待庵は気になっていた。いつかは分析したいと思っていた。
黄金デザインのガイドを使って寸法を黄金値で表示した。
できるだけ正確にと思って、待庵の寸法が入った画像を正確にCADに拡大した。待庵は黄金値で設計されているわけではないので、ガイドと正確に一致はしないが、ほぼ近い値で表示することができた。
16gd+3の四角形の部屋に幅15gd+3の床が付いている。壁の幅が14gd+3である。14gd+3に黄金数の1.618をかけると15gd+3になり、また1.618をかけると16gd+3となる。ここは黄金デザインである。

スポンサーサイト
0

ドアのデザイン

ice_screenshot_20170610-145452.jpg


ドアのデザインには色々困ってしまった。カタログには多くのデザインが載せてある。メーカも複数ある。全てのデザインを調べたが、気にいる物がなかった。見積もり仕様書では造作にしていたが、補助金対象の断熱性能で契約したため、熱計算ができない造作ドアは採用できなくなった。デザイン的に許容できるドアとしてYKKの上の写真を選択した。写真でじっくり見ると銀色のスリット部分が気になった。スリットにはガラスが入っていて、明かりとりになっている。ガラスなので当然外からは黒く見える。銀色にしたデザインの意図が理解できない。材質は鉄に塗装だから、素材の関係ではない。ドアの内側が銀色塗装なので、鉄板を折り曲げているのかもしれない。ここは黒く塗るべきと思った。

ice_screenshot_20170610-145545.jpg

これが自分で黒く塗った後の写真である。大した手間ではない。日射が当たると熱を持つことになる。しかし、塗装の銀色の赤外線放射率は0.6くらいであると思う。黒の塗装だと1.0だが面積が小さいので、影響は少ないはずだ。
どんなに機能が優れていても、デザインが悪くては使いたいと思わない。もっとデザイン力をあげてほしいとドアのデザイナーにお願いしたい。

0

小さな窓

ice_screenshot_20170610-143018.jpg
壁の小さな窓は、庭の一部を切り取り、窓枠が額のようにも見える。小さな窓は一部だけ見せるので、庭の一部にスポットライトが当たり、主役に引き上げてくれる。

Category :
0

春の花の向こうに

ice_screenshot_20170610-145850.jpg
ice_screenshot_20170610-144707.jpg


古い家のブロック塀を取り除いた。道路に接している塀は無くなった。開放感がある。道路を歩く人が庭を見てくれる。花があれば喜んでいただける。塀がないから誰でも自由に庭に入れる。それでいいではないか。家の中も含めて盗んでお金に換えられるようなものはない。全て自分にとっては大切だが、お金にはならない。土地は自分の所有ではあるが、所詮今だけの借り物である。墓の中に持って行ける訳ではない。なら、多くの人が喜んでもらえるように開放的にしたい。庭の構想は固まっていない。その前にゴミを片付けないといけない。
ツツジが綺麗に咲いてくれた。昨年の工事中からブロック塀がなくなって日がよく当たったせいだと思っている。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。