黄金分割の家

黄金分割で形状と色彩を決めた家の記録
0

時代の家

時代の家2

黄金分割の家の計画は自分で行い、建築の設計と工事は地元の「時代の家 Niigata 」にお願いした。知り合いでもなく、netでHPを見た時に、断熱と空気層の取り方が、自分が考えていた構造と同じだったので、見積もりをお願いした。見積もりを依頼したのは2016年の1月末だった。2020年のエネルギー収支基準を満足する家の補助金申請が3月15日で、枠が1軒残っているとのことだった。

時代の家2

ショールームが暖かだったので、お願いすることにした。新潟に住むなら冬に暖かいことが一番だから。それで光熱費がかからないのなら助かると思った。短い時間で契約することになった。事前に多く検討して計画を固めていたので、短い時間の契約でも、自分のこだわりの家が作れたと思う。人生最後の家だと思うと悩む要素は多く、計画とは諦めることでもあり、計画には多くの変更と時間が必要だった。工事の途中での変更は迷惑がかかるので、できるだけ少なくしたかった。結果的に、この時代の家にお願いしたことは正解だったと思う。

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。