黄金分割の家

黄金分割で形状と色彩を決めた家の記録
0

このブログについて   新しい記事はこの下に

1960年代の高校生の時に黄金分割で最適な色の組み合わせが説明できると直感で思った。黄金分割を知ったのは中学の図工の授業だった。パルテノン神殿を例にして先生が説明してくれた。最適な形状が数字で求まることが衝撃だった。当時はモンドリアンなどの絵が一般的に知られており、抽象絵画の素敵な絵は黄金分割で説明できると直感で思った。モダンジャズカルテットが演奏する音の時間と音程の配置はなんとなく抽象絵画を連想させ、黄金分割で作られていると感じていた。色の調和も黄金分割で数値で求まると思っていたが、当時の私は証明する知識も色を分析するツールもなかった。いまになってやっと形状と色について、黄金分割で説明することができるようになった。この家は独自の研究成果が生かし、コルビジェのモジュロールを発展させて形状を決めている。木造平屋の日本的な外観を持つ家だが、寸法はモジュロールでできている。色は独自に黄金分割で求めた数字から決めた。壁と天井、造作家具の色は全て塗装です。黄金分割の家に住んでみて、黄金分割はただものではないと実感した。その奥深さや、調和の原理の神秘は、住んで実感しないと本当の実力を知ることはできないと思った。このブログは黄金分割の家ができる過程をいろんな角度から書きたいと思っている。断熱のこと、ゼロエネのことも加えてゆきたい。PC版で次のページを見たい場合は右端に表示される黒い四角に白い記号(>)をクリックしてください。

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。