黄金分割の家

黄金分割で形状と色彩を決めた家の記録
0

ドアのデザイン

ice_screenshot_20170610-145452.jpg


ドアのデザインには色々困ってしまった。カタログには多くのデザインが載せてある。メーカも複数ある。全てのデザインを調べたが、気にいる物がなかった。見積もり仕様書では造作にしていたが、補助金対象の断熱性能で契約したため、熱計算ができない造作ドアは採用できなくなった。デザイン的に許容できるドアとしてYKKの上の写真を選択した。写真でじっくり見ると銀色のスリット部分が気になった。スリットにはガラスが入っていて、明かりとりになっている。ガラスなので当然外からは黒く見える。銀色にしたデザインの意図が理解できない。材質は鉄に塗装だから、素材の関係ではない。ドアの内側が銀色塗装なので、鉄板を折り曲げているのかもしれない。ここは黒く塗るべきと思った。

ice_screenshot_20170610-145545.jpg

これが自分で黒く塗った後の写真である。大した手間ではない。日射が当たると熱を持つことになる。しかし、塗装の銀色の赤外線放射率は0.6くらいであると思う。黒の塗装だと1.0だが面積が小さいので、影響は少ないはずだ。
どんなに機能が優れていても、デザインが悪くては使いたいと思わない。もっとデザイン力をあげてほしいとドアのデザイナーにお願いしたい。

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。