FC2ブログ

黄金分割の家

黄金分割で形状と色彩を決めた家の記録
0

上下左右対称でない窓

ice_screenshot_20170809-153338.jpg
ice_screenshot_20170809-152603.jpg
ice_screenshot_20170809-152700.jpg

つい上下左右対称でない単体の窓はあり得ないと思い込んでしまう。
ふとロンシャン礼拝堂はどうなっているのか気になってしまった。
僕はまだ訪れていないコルビジェの最高傑作との評価が高い建築だ。
netで窓の写真を探すと手作り感たっぷりな上下左右対称でない窓が見つかった。礼拝堂だから暗い室内に差し込むステンドガラスを意識した窓である。
調和の原則から考えれば、左右対称を避け、同じ大きさを避け、同じ間隔を避け、同じデザインの繰り返しを避けることが望ましい。ここにはその原則に部分的にでも沿った窓がいくつかある。これも一つの答えだ。

分析をしていないので、黄金分割のモジュロールとの関係がどうなっているかは知らない。コルビジェだから基本は黄金分割のモジュロールのはずである。黄金分割を離れて計画すると、調和の原則以前に、全く心に響かない建築になってしまう。
コルビジェは黄金分割をベースに調和の理想の窓を追求したのだと思う。

日本には日本の和の答えがあるはずである。
そう思って、桂離宮の写真集を眺めて見たが見つからなかった。

スポンサーサイト
Category :
0

窓を単体で見ると

ice_screenshot_20170809-135737.jpg

黄金分割の形状の窓であっても、窓を単体で見ると、左右対称であり、窓枠の幅は上下左右同じである。この対称の形状は調和の原理から望ましいことではない。
せめてもの抵抗として、室内側の窓枠の厚みを鉛直と水平で変更した。
黄金値は11mmと18mmである。
11mmの合板はないので一般的な12mmを採用した。
12mmと18mmとで作る角の四角形がほぼ黄金分割の四角形になっている。
気をつけて見ると、この四角形が素敵に見えてくる。
窓枠だけでなく、絵の額などでも上下左右が同じ幅になりやすい。調和について考えることなく同じ幅で当然としていると思う。
当然と思われるデザインも本当にそれで良いのか見直してほしいものだ。

Category :
0

樹脂サッシの問題は外面と内面で窓枠の寸法が異なること

ice_screenshot_20170809-135612.jpg

YKKの樹脂サッシの問題は外面と内面で窓枠の寸法が異なることであった。その差は片面で30mm室内側が小さくなる。内面の全幅は二倍の60mmとなり、小さな窓では大きく印象が変わる。この対策として、内面の枠を二重にして、30mmの白い内枠を設けた。
この30mmにより、室内側の黄金値は一番外枠の内側の広さになる。
ガラス面は明るく壁面は暗くなると予想した。明るさのコントラストの一番大きな位置を黄金値にすることは、黄金デザインの適用の基本である。完成まで少し不安に思っていたが、この写真のようにしっかりしたコントラストが生まれたのでホッとしている。

Category :
0

窓の大きさを黄金値に

ice_screenshot_20170809-135447.jpg

窓の大きさは外壁での窓枠の大きさで決めた。窓枠と外壁の黒で、色が変わる最大の幅を黄金値にしたい。
計画ではLIXILの40mmのサッシ幅が黄金値の39mmに近いので候補に考えていた。補助金対象のYKKの樹脂サッシ幅は52mmほどあり、黄金値とは異なってしまった。サッシのデザインは素敵だとは言い難い。YKKにはもっと良いデザインにしてほしいと願っている。黄金デザインのガイドで設計すればいいのに。

Category :
0

小さな窓

ice_screenshot_20170610-143018.jpg
壁の小さな窓は、庭の一部を切り取り、窓枠が額のようにも見える。小さな窓は一部だけ見せるので、庭の一部にスポットライトが当たり、主役に引き上げてくれる。

Category :
このカテゴリーに該当する記事はありません。